ホーム » 日記 » 違約金分をキャンペーンで取り戻す!?

違約金分をキャンペーンで取り戻す!?

違約金分をとりもどしたい!引っ越しでフレッツ光に新規加入!



東京から大阪への引っ越しで、フレッツ光を一旦解約したら、違約金を取られてしまった
私。フレッツ光のサービス自体は気に入っていたので、引越し先でNTT西日本に新規契約
することにしました。


まずうれしいのは、フレッツ光の料金自体がNTT東日本よりもNTT西日本のほうが安いこと。
これはちょっと嬉しい誤算でした♪


さらに、調べてみるとNTT西日本でもいろんな新規加入のキャンペーンをやっているみたいです。
せっかく加入するのだから、出来る限りお得に加入したいので、ちょっとキャンペーンを
探してみることにしました。


フレッツ光の料金は?NTT西日本の場合

フレッツ光に加入する場合、NTT西日本にはいろんなプランが有ります。そして、
戸建てとマンションによって料金が変わります。


まず戸建の場合、「フレッツ光ネクスト、ファミリー・スーパーハイスピードタイプ
隼」を選択した場合、月々の使用料金は5,400円になります。


現在2つのキャンペーンを行なっていて、最初の2年を安く抑えたい人向けには
「どーんと割」がオススメで、これだと初期2年間の月々の使用料が3,610円になります。


もっと長く使いたい人には「Web光もっともっと割」がお得。これはウェブからの
申し込み限定で、月々の使用料が3年目まで3,810円になるというキャンペーンです。


自分のライフプランにあわせてプランを選ぶことをおすすめします。


オプションもいっぱい! 本当に必要な物をチョイスして



さらに、フレッツ光はインターネットだけでなくいろんなオプションを選ぶことが
できます。


例えば電話回線では、ひかり電話。月額使用料は基本プランで500円で電話回線が引ける
のも魅力です。


さらにテレビや映画が好きな人には映像サービス。フレッツテレビで650円/月、
U-NEXTで1,990円/月、ひかりTVで3,150円/月、TSUTAYA Strickで7,000円/月など。


外出先でインターネットが使いたい人には公衆無線LANサービスのフレッツ・スポットで
200円/月、フレッツおでかけパックで600〜1686円/月などがあります。



さらに、安心サポートでは困ったときにオペーレーターが遠隔で操作してくれる
リモートサポートサービスが500円/月、ウイルス対策にフレッツ・ウイルスクリアなど
本当に色んなサービスが有ります。


どのサービスも本当に魅力的ですが、だからといってあれもこれもとつけていると
それぞれ料金がかかりますので、月々の使用料が結構高くなっちゃいます。


フレッツ光を使うのに他に何が必要?



忘れがちなのが、プロバイダ。フレッツ光を使う場合にはプロバイダとも契約を
しないといけません。このプロバイダの月々の使用料も会社によってまちまちなので
注意が必要です。


フレッツ光とプロバイダーを一緒に申し込むと支払いも合算してくれて便利ですが、
プロバイダは以前使っていたものをそのまま引き継ぐこともできるので、引っ越しを
期に新規契約するか、それとも以前のものをそのまま使うかも検討しないといけません。


一例として、西日本の戸建てに住んでいて、Web光もっともっと割で契約した場合、
月額500円のプロバイダBB.exciteにして、光電話500円/月を利用した場合、月々の
使用料は4,810円になります。


このように、オプション次第でかなり月々の使用料が変わってくるのがフレッツ光の
特徴です。便利ですが、できるだけ自分が必要な物をチョイスして月々の使用料も
安く抑えたいですね。

Return to page top