ホーム » 日記 » 遠くに引っ越すときは注意!フレッツ光で違約金を取られちゃう?

遠くに引っ越すときは注意!フレッツ光で違約金を取られちゃう?

引っ越しした場合のフレッツ光はどうなるの?



4月から、転勤のため東京から大阪へ引っ越しました。引っ越しとなると、電気・ガス
水道などいろいろ手続きしないといけないものが多くて大変なのですが、意外と忘れ
がちなのがインターネット回線の引っ越しです。


私はフレッツ光を使っていたのですが、これをそのまま新しい土地でも使おうと思って
いて、フレッツ光も引っ越ししようと思ったのですが、なんとここで問題が発生!


フレッツ光は、同じフレッツ光でも西日本と東日本で契約する会社が違うそうなんです。
東日本は「NTT東日本」、西日本は「NTT西日本」と契約することになっています。


実は同じ東日本内、西日本内での引っ越しであれば、IDをそのまま継続して使用する
事ができるのですが、今回のように東京→大阪など、東日本と西日本を越えて引っ越し
をする場合には、一旦フレッツ光を解約してもう一度新規契約する必要があるとの
ことです。

えっ!違約金も発生!? 



今回の私の場合も一旦NTT東日本のフレッツ光を解約した上で、引越し後に改めて
NTT西日本で契約するというちょっと面倒なことになってしまいました。


しかも!NTT西日本への引っ越しのために解約する場合、契約から15ヶ月未満のため、
違約金16,000円が発生するそうです。同じフレッツ光なのにどういうことなのか、
ちょっと不満です。


確認をしてみると、どうもNTT東日本圏内、NTT西日本圏内での引っ越しであれば、
移転になるため違約金は発生しないのですが、今回は会社が変わるため、一旦
解約する必要があり、違約金が発生するとのことです。


正直痛い出費ですが、仕方ないようですね。払わないと、解約ができないため、使って
いない分のフレッツ光の代金まで請求されてしまい、さらにお金が掛かってしまうとの
ことでした。


みなさんも、近々引っ越しの予定がある場合、特に西日本から東日本などでの
引っ越しがある場合は、フレッツ光への加入は気をつけたほうがいいと思います。



特に、家電量販店などの代理店などと契約する場合は、その点をあまり説明して
くれない場合や、店頭では「引っ越ししてもそのまま契約引き継げますよ!」なんて
説明される場合もあるそうです。


契約書をよーく読むと、引き継げない事が書いてあるそうなんですが、なかなか
そこまで確認していなくてトラブルになるケースも多いようです。


東日本→西日本への引っ越しの場合は契約期間によっては違約金あり



というわけで、これから引っ越しの予定がある場合はフレッツ光に入る前に
十分注意して入ることをおすすめします。私は諦めて違約金払っちゃいました。


でも、逆に言えば、NTT西日本に新規加入することになるので、ここでできるだけ
お得に加入して、違約金で取られてしまった分を取り返したい!そんな気分です。


NTT西日本でもいろいろキャンペーンをしているみたいなので、ちょっと調べて
見たいと思います♪



Return to page top